事前の打ち合わせが重要

男性

翻訳業者にマニュアルの翻訳を依頼する前には必ず打ち合わせを行ない、翻訳する内容についてきちんとすり合わせを行なうことが大切です。一般的に納期を急ぐ場合、15%から40%くらいの追加料金がかかる可能性があります。

詳しく見る

翻訳の品質

PC

無料で品質をチェックできるサンプルやお試し翻訳のサービスを上手く利用すると、最適なマニュアル翻訳業者を選ぶことができるでしょう。また、品質を保証してくれるオプションがあれば、さらに安心して依頼できます。

詳しく見る

価格に差がある

パソコンを操作する人

メジャーではない多言語のマニュアル翻訳を依頼できる業者はあまり多くはないでしょう。品質の高い業者を選ぶには、ネットを上手く使うと簡単に探せます。また、翻訳にかかる料金は平均で1文字10円からという業者が一般的です。

詳しく見る

翻訳会社に翻訳を依頼する

男性と女性

グローバル化がとても進んでいます。そのため、以前に比べらたら海外の書物などが多く日本に入ってくるようになっているのです。そこで必要になってくるのが翻訳会社です。言語のプロである翻訳会社に翻訳を依頼する事によって、とてもスムーズな文章に仕上がります。

詳しく見る

翻訳会社とその活用

男性と女性

企業のグローバル化などを背景に、翻訳会社に文章の翻訳を依頼するケースが増えている。これらの翻訳会社では、特殊な言語への対応や技術的な知識、翻訳における表現力の高さなどがあり、それらを理由として人気も高くなっている。

詳しく見る

技術翻訳は専門性が高い

パソコン

技術翻訳は、専門用語や高い翻訳の能力が求められることから翻訳業者に依頼することが多いです。また、技術翻訳には大きく分けて医学と産業があり、それぞれ依頼分野に特化した業者を選ぶ必要があります。そして、翻訳のサポートも充実しているので安心して利用することができます。

詳しく見る

自社で賄うことが増える

メンズ

これまでは専門性の高さから契約書の翻訳を専門とする事業者へ委託することが多かったです。しかし、今後は自社で専門部署の設置や外国人スタッフを採用することで、契約書の翻訳を賄うことが増えることが予測されます。

詳しく見る

海外進出の問題は言葉の壁

ウーマン

生産コストを下げるために海外へ進出する企業が増えています。その時に問題になるのが言葉の壁です。翻訳サービス会社は契約書類などの重要文書を正確に訳すだけでなく、現地の契約フォーマットや商習慣などもサポートします。また翻訳者、構成者、ネイティブ翻訳者によるトリプルチェックで正確な文書を作成しています。

詳しく見る

言葉の訳を依頼する

PCを操作する人

海外の人と仕事をする場合に、翻訳のサービスを利用する事が人気になっており、メリットが多いため評判が良いです。翻訳のサービスを利用する事で、現地の言葉を正確に訳す事ができますし、ミスを防ぐ事ができるためオススメです。

詳しく見る

プロに任せるメリット

PC

翻訳会社を使うメリットは高品質の翻訳文をスピーディーに作成してくれることや、コスト削減が可能となっていることです。また、難しい技術書の翻訳などもしてくれるのもそのサービスの特徴であり、通訳の派遣などもしてくれる所もあります。

詳しく見る

増える外国語訳のニーズ

男の人と女の人

企業などの法人向け翻訳サービスは、短期納品でスピーディーであること、料金体系がわかりやすいことが特徴で利用しやすくなっています。その中でも、専門分野の翻訳をしてもらえるサービスが人気です。特定分野に精通したプロが、専門用語が含まれる難しい文書でも素早く正確に翻訳することが人気の理由と言えるでしょう。

詳しく見る

正確に作成する

女性

会社の規模が大きくなるとき、海外にも支社や工場などを置くことが一般的です。海外での進出を成功させるには、何よりも今まで培った技術やノウハウを正確に現地スタッフに伝えることが重要です。そのためには、現地のマニュアルと本社のマニュアルをしっかり統一させることから始めるとよいでしょう。まずはマニュアルを現地の言語に翻訳していきます。その際、社内に現地の言語に精通した社員がいれば問題ありませんが、専門用語などが多い分野の仕事だと正確に翻訳するのが難しい場合も多々あるでしょう。そんなときに、マニュアルの翻訳を専門に手掛ける業者へ依頼をすると安心です。こうした専門業者の強みは、現地の言語に精通したスタッフが翻訳していることにあります。英語や中国語といった多くの人が学んでいる言語であれば社内でもカバー出来る可能性もありますが、カンボジア語やタガログ語といった社内で現地の言葉がわかる人が少ない言語である場合、言葉のプロに任せると翻訳ミスなどを防げます。特に日本語は、言語が変わるとニュアンスが伝わりにくい表現が多く登場します。ですので、仕事の分野によって選ぶ業者が変わります。例えば、工業系の技術のマニュアルを翻訳するのであれば、工業の知識が豊富でそういった翻訳を多く手掛けている業者に依頼すると正確性が増すでしょう。依頼する前にはその翻訳業者の業績や得意分野をしっかりと確認しておくことが最も大切といえるでしょう。

Copyright© 2017 綺麗で伝わりやすいマニュアルを目指すなら翻訳業者へ All Rights Reserved.