海外進出の問題は言葉の壁

ウーマン

得意分野で選ぶのが大事

生産コストを下げるために海外に進出する企業が増えています。その時に問題になるのが言葉の壁です。企業には外国語に長けた社員がいますから、海外とのコミュニケーション機能は維持できます。問題は膨大な契約文書や情報書類です。国によって契約書類のフォーマットが違ったり、商習慣が違います。翻訳サービス会社に人気があるのは、文書類の翻訳業務だけでなく契約上のノウハウや商習慣までサポートしてくれるからです。翻訳サービス会社には得意分野があるので、企業の要望にそった会社を選ぶことができます。社内のスタッフに翻訳させる会社もありますが、校正に時間がかかったりミスがあったりします。結局は専門の翻訳サービスに依頼することになるので、初めから依頼した方がメリットが大きいのです。

チェック体制が万全な会社

海外の企業と共同で事業運営をする場合、正確な文書や論文を提出することになります。そのような文書で大切なのは高い信頼性を得られるような品格ある書類です。そのためにはミスは許されないのです。翻訳サービス会社では色々な工夫をしています。翻訳者、校正者、ネイティブ翻訳者といったプロの集団がダブルチェック、トリプルチェックをすることによって社会的信頼のある文書を作成します。また複数の翻訳者が分割して作業をすると文書の統一感が崩れるので、基本的には1人が責任を持って作業をするといった工夫をしています。緊急を要する書類の場合に、品質よりも納期の優先をする企業がかなりあります。しかし緊急の場合こそ品質の確保が大事なので、翻訳サービス会社では納期を優先しながら正確な作業をすることができます。

Copyright© 2017 綺麗で伝わりやすいマニュアルを目指すなら翻訳業者へ All Rights Reserved.